etcコーポレートカードの作り方

クレジットカードと一体型ではない

法人が持つことができるETCカードの中でも、法人向けETCカードはクレジットカードと一体型になっているのが特徴ですが、etcコーポレートカードの場合にはクレジットカードとは一体型になっておらず、車両ごとに発行されるETCカードでの契約となります。法人向けETCカードを発行しているカード会社が取り扱っていることは少ないのですが、ネットで探せば代理店を見つけることができるので、作り方はそれほど難しい事はありません。

審査が行われる

etcコーポレートカードは、法人なら誰でも自由に作ることができるわけではありません。審査に通る基準としては、車両ごとの毎月の通行料金の平均が3万円を超えていること、そして契約者ごとに毎月の通行料金の合計が500万円を超えていることが条件となっています。申し込みの際には、利用状況を証明できる書類の提出が必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

保証金が必要

etcコーポレートカードを作るためには、毎月の利用料や手数料の平均の3倍に相当する保証金を納めることになります。法人向けETCカードの場合には、クレジットカードと一体型になっているので、保証金を入れなくても請求はクレジットカードへ一括請求となります。しかし、etcコーポレートカードの場合にはリンクしているクレジットカードが無いため、万が一に備えて保証金が必要になるわけです。保証金はカードを解約するまでは手を付けられる心配はありませんし、通行料が保証金から相殺されることもありません。そして、口座を解約すれば全額を払い戻してもらうことができるので安心してください。

この保証金はまとまった金額になるため、企業としてはやはり心配なものです。etcコーポレートカードを取り扱っている代理店や組合によっては、その保証金を保証してくれる所もあるので、大きな安心感につながると言えるのではないでしょうか。ただし、保証金の行方を保証してくれることはあっても、保証金を立て替えてくれるような代理店などはないので注意してください。