etcコーポレートカードがお得でない場合とは

年間の基準を満たせない場合

etcコーポレートカードは、車両ごとに利用する毎月の高速道路通行料が3万円以上の平均になる事、そして契約者ごとの毎月利用料金が500万円以上になる事が条件となっています。現在は一時的な処置としてこの基準は少し下げられているものの、このラインを超えない場合にはetcコーポレートカードを持っていても割引サービスを受けることはできません。ETCカードで通行料金を支払うことによるETC割引は適用されますが、etcコーポレートカードならではの大口割引や多頻度割引は対象外になってしまうので注意しましょう。

全国どこでも良いわけではない

etcコーポレートカードの大口割引や多頻度割引などの大幅割引を利用するためには、NEXCOが管轄する高速道路でなければいけません。管轄外の高速道路や有料道路などは、毎月の利用料金がいくら多くても割引の対象にはなりません。もちろん、基準を満たせばETCカードを作ることはできますし、通行料金をETCカードで支払うことはできますが、etcコーポレートカードならではの割引を受けることができないのでは、高いハードルをクリアしてカードを持つメリットが少なくなってしまうかもしれません。その場合には、法人向けETCカードの方がお得なのかもしれません。

車両が限定

etcコーポレートカードは、ETCカードがそれぞれ特定の車両でしか利用できないように限定されているのが特徴です。そのため、別の車両で使おうとしてもできませんし、レンタカーや個人所有の自動車でも利用することはできません。車両が限定されているということで、従業員の悪用を予防出来たり、利用状況の管理がしやすくなったりするなどたくさんのメリットはありますが、出張先のレンタカーでETCカードを使いたい場合にはetcコーポレートカードを使うことはできません。企業の業種や業務によっては、不便な点も出てきてしまうのが、etcコーポレートカードのデメリットなのかもしれません。ちなみにこの場合には、法人向けETCカードを持っていればデメリットを回避することができます。