etcコーポレートカードとETC法人カードの違い

etcコーポレートカードは大口利用企業向け

etcコーポレートカードは、東日本高速道路や中部日本高速道路、西日本高速道路などNEXCOの利用が多い企業に適した法人向けETCカードです。大口の利用が前提となっていて、毎月の利用が車両ごとに3万円以上あれば、etcコーポレートカードを検討しても良いでしょう。このカードは、ほかのETCカードとは異なり、カードが発行されるときに特定の車両でしか利用できないシステムとなっているので、カードを一枚持っていてもレンタカーや個人所有の自動車では利用することができないという特徴があります。

ETC法人カードとは

ETC法人カードというのは、法人向けに発行されているETCカードで、基本的な使い方は個人向けのETCカードとそれほど変わらないと考えることができます。カードを一枚持っていれば、自分の車でも友人の車でもレンタカーでも、車載器がついていればどの車両にでも差し込んで利用できます。大口割引や多頻度割引などは対象外となるものの、ETCカードで通行料金を払うことによってETC割引は適用されますから、現金で通行料金を払うよりもずっとお得なことが多くなります。

どちらのカードがおすすめなのか

etcコーポレートカードとETC法人カード、どちらがおすすめなのかは企業の規模や業種、使用頻度や毎月の通行料金、ドライバーの数などいろいろな要素によって異なります。一般的には、複数の営業車を抱えている企業や、運送業や配送業を営む企業の場合には、一人一人のドライバーが自己負担で日常的に通行料を立て替えるのは経済的に大きな負担となってしまうため、一人一人のドライバーにetcカードを発行して特定の車両でしか使えないけれど通行料金の立て替えが必要なくなるetcコーポレートカードが便利と言えます。一方、ドライバーの数が少なかったり、それほど利用料金が発生しなかったりする業種の場合には、わざわざetcコーポレートカードを作るメリットは少なくなります。法人向けクレジットカードを作る際に追加カードとして発行してもらえるETC法人カードの方が便利でしょう。