etcコーポレートカードのデメリットとは

毎月の利用額

etcコーポレートカードで大口割引や多頻度割引を適用してもらうためには、毎月の利用額が一定金額でないといけません。高速道路ごとに基準は異なるものの、一般的には毎月の利用料金が3万円以上なら割引対象になると言われています。ただし、etcコーポレートカードによっては車両ごとに毎月3万円以上の利用がなければ割引対象にならないことも多いので、注意しなければいけません。もしも営業車が複数あっても毎月の通行料金がそれほどまとまった金額にならない場合には、法人向けクレジットカードを発行してもらう際に追加カードとして発行してもらえるタイプのETCカードの方が向いているかもしれません。

特定車両しか使えない

etcコーポレートカードは、ETCカードを発行する際に特定の車両とリンクさせるので、どの車両でも自由にETCカードが使えるというわけではありません。基本的には法人登録されていない車両は使えないので、個人事業の場合だと、社用車ならetcコーポレートカードは使えるけれど個人所有している自動車だとetcコーポレートカードは使えないということになります。また、レンタカーなどにも使用できないため、場合によっては不便に感じることも増えてしまうかもしれません。

割引対象が限定されている

etcコーポレートカードで大口割引や多頻度割引が適用となる道路は、NEXCOが指定する高速道路に限定されていることが多いようです。そのため、地方の高速道路や有料道路を頻繁に使っていても、割引対象にならない道路だと毎月いくらの利用料があっても割引してもらうことはできません。大口割引や多頻度割引を期待してetcコーポレートカードを作ろうかなと考えている企業は、まずは毎月どのような高速道路をよく利用するのかを把握して、割引対象になるのかどうかを踏まえたうえで申し込むようにしましょう。対象にならない場合には、etcコーポレートカードを作ってもメリットが少なくなってしまいますから、法人クレジットカードの追加カードとしてETCカードを発行してもらう方がお得です。