etcコーポレートカードのメリットとは

より大きな割引制度が適用される

etcカードを持っていると、高速道路の通行料金を現金払いする場合と比べてetc割引が適用されるので、通行料金をいくらか割引してもらえることがあります。高速道路によっていつどのぐらい割引されるのかは異なりますし、etcカードを持っていても車載器が搭載されておらずに料金窓口で料金を支払う場合には割引対象になりませんが、etcゲートを通過すればどんな割引制度があるかを知らなくても自動的に割引が適用されて、お得な通行料金のみを支払うことになります。

etcコーポレートカードの場合には、個人向けのetcカードのように高速道路ごとにetc割引が適用となる以外に、大口割引や多頻度割引などの割引が適用されるというメリットがあります。最大で20%までディスカウントされるので、企業にとっては経費削減につながります。

ドライバーの負担が軽減

日常的に高速道路を利用している営業車や配送車の場合などには、etcコーポレートカードがないとドライバーが高速道路に乗る前に現金の持ち合わせがある事を確認し、自己負担で通行料金を立て替え、帰社してから精算することになります。企業の業種によってはこの立て替えが日常的になってしまうことが多かったりするので、ドライバー個人にかかる金銭的な負担が大きくなってしまいます。しかしetcコーポレートカードがあれば、通行料金は全てetcカードで支払うことができるので、ドライバーがポケットマネーで立て替える必要がなくなります。

経理の簡略化

etcコーポレートカードを導入すると、どの車両がどのぐらい通行料金を払ったのかが管理しやすくなります。経理業務が簡略化できますし、車両の利用状況なども合わせて把握できるので、事務作業が大幅に軽減できます。etcコーポレートカードをラインナップしているカード会社では、経理作業を簡単にできるソフトなども提供していたりするので、賢く利用すればこれまでの精算業務を大幅に簡略化して業務短縮にもつながります。