etcコーポレートカードはこんなカード

法人向けのetcカード

etcカードは、高速道路の通行料金を後払いすることができる便利なカードというだけでなく、一枚持っていると通行料金の割引対象になるなど経済的にもお得になります。さらに、etcカードがあれば長蛇の列ができている料金所で時間が掛かってしまうことはなく、etcゲートをサッと通過できるので、時間の節約やストレスの軽減にもつながります。高速道路を通る自動車には、レジャーなど個人が所有するマイカーもあれば、営業車や配送車など商業目的の車もたくさんあります。etcコーポレートカードは、法人向けに発行されるetcカードで、起業したばかりの個人事業からたくさんの営業車を抱える大規模な企業まで幅広くニーズに合わせて対応してもらうことができます。

こんな法人にオススメ

etcコーポレートカードは、法人ならどの企業でも申し込むことはできます。しかし、持っていると便利かどうかは全く別問題で、ビジネスの業種や形態によってはetcコーポレートカードを持っているととても便利ということもありますが、一方で割高になってしまうなどあまりメリットを感じられないこともあります。

法人向けのetcカードがおすすめなのは、複数の営業車があったり、ドライバーが複数いたりして、同時に複数枚のetcカードが必要になったり、ドライバーごとに通行料の管理をしたかったりする場合です。個人事業の場合には、ビジネス目的で高速道路を利用する場合でも、ドライバーは一人だけですから、運行管理はそれほど難しくはありませんし、通行料の精算もそれほど面倒ではありません。しかし、何台も営業車を抱えるような企業の場合には、通行料を日常的に立て替えなければいけないドライバーの側にとっても負担が大きいですし、運行管理をしやすくするという業務目的でもetcコーポレートカードを導入することで大きなメリットが期待できます。

毎月どのぐらいの利用が必要なのか?

etcコーポレートカードは、毎月3万円以上の通行料金の利用があるとお得になると言われています。企業によっては、会社の規模が大きくても毎月の高速道路をそれほど利用しないこともありますから、その場合にはあえてetcコーポレートカードを作る必要はないと言えるでしょう。

毎月の利用が3万円を超えると、特定の高速道路ごとに大口割引や多頻度割引などのディスカウントが適用される対象となります。これは1か月ごとに計算されることが多いので、利用に偏りがある場合にはディスカウントされる月もあればされない月もある、ということになります。ディスカウントは最大で20%までとかなりお得なので、このサービスを利用すれば経費削減にもつながります。

不便な点もある

個人向けのETCカードだと、車載器がついている自動車ならどの車に挿入しても有効です。そのため、友人とドライブに出かける時などには、行きは自分のETCカードで通行料を支払い、帰りは別の友人がETCカードで通行料を負担する、なんてことも可能です。しかし、etcコーポレートカードの場合には法人向けのetcカードなので、個人ユースのようなフレキシブルさはありません。etcコーポレートカードを作る際には、特定の車両に対して1枚が発行されるので、発行されたETCカードを別の自動車の車載器に入れて通行料金を支払うことができないのです。

そのため、etcコーポレートカードを持っていてビジネスのために使いたい場合でも、登録されている車両が異なると使うことができなくなってしまいます。例えば、出張先でレンタカーを借りた場合には、残念ながらetcコーポレートカードを使って通行料金を支払うことはできません。また、会社名義ではない個人名義の自動車の車載器に入れても使うことはできませんから、etcコーポレートカードを作る際には、そうした点も良く考えた上で申し込むことが大切です。

おすすめの法人カード

法人カード比較プロ

法人ETCカード